Mayza Tomoko ~Piano e Voz~

♪Brasil音楽をこよなく愛する主婦のブログ♪

レンソイス!!凄い綺麗!!  

先日TBSの番組『テレビ未来遺産・奇跡の絶景ミステリー』という
番組でブラジルの北部に位置する世界でもここでしか見られない
『レンソイス』神秘の白い砂浜の事を放送していました。

ネットの画像より。
31e7e1be9f5b0121f6018c7ba52f4ed6.jpg
大好きな青と白のコントラストがもう美しいなんてもんじゃない!!
テレビで見ただけで大興奮!!
行ってみたい!!いつか!!!
行ってみたい!!

レンソイスとは???
以下ウィキペディアより。
レンソイス・マラニャンセス国立公園
(葡:Parque Nacional dos Lençóis Maranhenses、レンソイス・マラニェンセス国立公園とも[1])は、
ブラジル連邦共和国北東部マラニャン州にある広大な砂丘、
およびこの砂丘を主体とするブラジルの国立公園である。
Maranhensesとは、ポルトガル語で「マラニャン州の」、Lençóisとは「シーツ」を意味する。
まるでシーツのように白い砂丘が15万5000haに渡って広がっている。
砂丘の砂の成分はほぼ100パーセント石英でできており、それが太陽光に反射して白く見えるのである[4] [5]。
半年ごと(1~6月)の雨季には、その間だけ存在する無数の湖が出現する。
これは、石英の層の下にある地下水が雨によって水位が増し、砂丘の谷間に湧き出るためである。
湖が出現すると魚も現れるが、どのように発生し乾季の間どうしているかは、
まだ調査が行われていないため不明。
なお、この地区には新種のカメやカエルが生息し、
乾季の間は自ら掘った穴で生活することが明らかとなっている[4]。

国立公園より100キロほど南のパラナイーバ川が上流から河口まで運ぶ
土や泥には石英が含まれるが、この石英は河口に達した後には数万年の年月をかけて
大西洋の沿岸流により国立公園に面した海岸近くまで流される。
その間に石英以外の混入物は砕け散り海水に混じるが、石英は砕かれずに残り、
海岸に打ち上げられて風速90メートル以上の強風で国立公園まで吹き飛ばされ、砂丘に積もる。
これが長い間繰り返され、現在の姿になったといわれる[4]。



え〜。。。場所はここです。。。遠い。。。
111.png








スポンサーサイト

category: 日記

tb: 0   cm: 2

コメント

うっとりした~

観た観た!!綺麗だったね~
生物の不思議も勉強になりました^^

ここは遠いけど(裏側だしね・・・)
死ぬまでには絶対に行きたい所があります
ブラジルよりは実現出来そうな距離で(笑)
オーストラリアのホワイトヘブンビーチ!
ここも青と白のコントラストだね♪

URL | mina* #-
2013/07/19 14:24 | edit

minaさん

観た~?
私たまたま冒頭だけ観た(笑)
でもちゃんと録画したよ!!
まだ観てないど。

オーストラリアのホワイトヘブンビーチ!!
調べてみたよ!!
ここも綺麗だね~!!

実は。。。
来週には日本の南の島の青い海目指して旅して来ます!!
期待しててくださいね~!!
何を?(笑)



> 観た観た!!綺麗だったね~
> 生物の不思議も勉強になりました^^
>
> ここは遠いけど(裏側だしね・・・)
> 死ぬまでには絶対に行きたい所があります
> ブラジルよりは実現出来そうな距離で(笑)
> オーストラリアのホワイトヘブンビーチ!
> ここも青と白のコントラストだね♪

URL | Mayza Tomoko #-
2013/07/20 14:32 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hinotomo.blog106.fc2.com/tb.php/380-b73a9e6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)